上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
0217-02.jpg
 八ヶ岳歩こう会のスノーシュー例会がサンメドウズスキー場で開かれたので参加しました。もともとは飯盛山の予定でしたが、暖冬の影響で飯盛山に雪がないので、サンメドゥズスキー場に場所を変更して開かれたのです。この日は、甲州街道ウォーキングを企画した茨城県の旅行会社が八ヶ岳歩こう会に協力を依頼してきて、その打ち合わせが事務局長宅で行われるので出席を求められています。八ヶ岳歩こう会のパソコンの掲示板で「サンメドウズの雪の状態が素晴らしく良い」という書き込みを見た相棒が「旅行会社との打ち合わせの前にスノーシュー例会に前半だけでも参加したいッ! 前半で帰ってきて打ち合わせに出よう」と訴えます。日曜の入笠山スノーシューの素晴らしい天気と雨氷と霧氷の森、八ヶ岳ブルーの空、360度の大パノラマを堪能した私たち、少しくらいの雪景色の素晴らしさでは驚かなくなっていますが、サンメドウズスキー場の雪景色もこれまた素晴らしかったです。普段はスキー場のパノラマリフトで一番上まで上がり、そこからゲレンデを離れて八ヶ岳へ登っていき、10分足らずの所にある「賽の河原」から大門沢へ下って行くのですが、この日は更に牛首山方向へ登っていきました。しばらく登っていくと、すこし急な広い斜面に出ました。物好きな何人かが斜面の上の方まで登っていき、「尻セード」ではしゃぎます。50mくらいの斜面で最後はかなりのスピードが出ます。勢い余って立木にぶつかって止まる人も。楽しい滑り台を最後まで一緒に楽しんでいると、打ち合わせに遅れてしまうので、私たちは皆と別れて下山しました。こちら側の登山道は歩いたことが少なく、久しぶりだったので道がよく分からず、多分かなり遠回りをしてしまったようです。それでもスキー場のリフトや遙かしたに見えるスキー場の駐車場を目印に藪の中を歩いてスキー場の一番下へ出ました。右へ左へ森の中を歩き回り、とても楽しかったです。
 午後からの旅行会社との打ち合わせは、4月から毎月2回のウォーク案が旅行会社から出され、それに合わせてコースの下見の日にちとメンバーの案を決めました。またまた、忙しいッ!?日々が始まることになりそう・・・ヒエッ!
スポンサーサイト
2010.02.17 Wed l スノーシュー l COM(0) TB(0) l top ▲
スノーシーズン到来! ここ数年毎年毎年暖冬で雪が少なく、スノーシューにはまり込んでいる私達は気がかりな毎日です。それでも今シーズンはまずまずの雪がやって来ました。本来なら雪が降ったならすぐに雪のフィールドに出かけていたのですが、今シーズンは八ヶ岳歩こう会の創立10周年を記念するイベント・甲州街道ウォークの旗振りをかってでたため、その運営に忙しくスノーシューに出かけられませんでした。
 でも2月3日、ポレポレクラブのスノーシューイベントの担当になっているので、そろそろちゃんとした下見にいかなくては。ということで、行ってまいりました。1月17日、清里サンメドウズスキー場です。雪があるかどうかが心配でしたが、それは杞憂でした。前日の夜にすこし降ったようで、凍った雪の上に5㎝ほど新雪が積もっていました。この5cmがうれしい。スキー場のリフトで一番上まで上がり、賽の河原から大門沢を下りました。スキー場の下までスノーシューを履いたままで降りてくることができました。もちろん、途中で尻滑りも楽しめました。
 もちろん、お昼を予定している「美しの森ファーム」の視察(試食)は済ませてきました。その報告は、当日の楽しみにとっておきましょう。
2008.01.21 Mon l スノーシュー l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。