上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今まで乗っていた風路の小さい車を換えました。新しくやって来たのはスズキのセルボという軽自動車です。これまで乗っていた車と違ってターボが付いているので、坂道での力が断然違います。お客様を乗せて一緒に山へ行くときに、力があって小回りのきく車が欲しいな・・・と思っていたのです。それまで乗っていたのは仲良しのペンションから譲って頂いたもの。近くの買い物には小回りがきき、車を停めるのにとても便利。ほんとにお世話になりました。Zさん、ありがとね!
 このセルボに乗って諏訪まで行って来ました。最近、諏訪方面にはよく出かけます。イタリア料理、インドカレー店、ラーメン店、フレンチ・・・・。きょうはイタリア料理店でセルボ歓迎食事会というわけ。
 若い2人が一生懸命料理を作って運んでくる様子は見ているだけで楽しくなります。前菜は鯛のカルパッチョ、サンマの燻製、夏野菜の軽い煮込み(ラタトィユのような・・・名前忘れました)、パスタは魚介のトマトソース、リゾット(?何のリゾットだったかは忘れてしまったけど、すごく美味しかったことだけは覚えている)、メインは明科の放牧豚の骨付きロースのグリル、○○(忘れてしまいました・・・・)のアクアパッツァ、黒ごまのプリン・・・・でした。どれもこれも旨い! とくにここの料理は塩加減、火の通し具合が素晴らしく旨い! 感謝!
スポンサーサイト
2007.08.30 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 お客様と一緒に北杜市音楽祭に行きました。会場のアルソア野外ステージはアウトレットの少し手前の森の中に作られていました。舞台には見たこともない楽器(??)、竹で作られたバリ島の楽器が並んでいます。開会の挨拶と同時に会場の後ろから、奏者達が民族衣装に身を包んで登場。演奏が始まります。わが八ケ岳歩こう会の面々はカブリツキの特等席に陣取っています。巨大な竹を割って作られた打楽器の高い音から低い音が激しく時に優しく周りの黒々とした森の木々と雲の合間に顔を覗かせている満月の夜空に吸い込まれていきました。
 その後、琴、尺八、ティンパニーの演奏が続き、シズカ楊静さんが中国琵琶の名演奏を聴かせてくれました。
 最後に出演者全員がそれぞれの楽器を持って舞台に勢揃い、合奏です。太鼓を打ち鳴らして全体の指揮を執っていた有賀さんが踊りながら会場に降りてきてきたので、もうたまらずにその隣まで行って一緒になって踊ってしまいました。演奏は「踊る○○○に見る○○○~~~♪♪♪」の阿波踊りです。まったく知らない踊りですが、見よう見まねで体を動かしました。すぐに乗りの良い人たちが続いて立って踊ってくれたので、会場はお祭り騒ぎ(!?)になってしまったようでした。ごめんなさい。
2007.08.27 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 いつか行きたいなーと思っていた おつきゆきえさんの宮沢賢治の朗読会に行って来ました。夏休みの一番忙しい時でありながら(????)、神様の思し召しか・・・・ぽっかり1日お客様が途切れてペンションがお休みになったのです(「よくあることでしょう」とツッコミあり)。「よしッ! いくぞ!」 10月に企画したゆきえさんの朗読会の宣伝もスタッフとしてやらねば!という口実を設けて・・・・。連日の猛暑、覚悟を決めて東京へ・・・・・。
 朗読会当日は夜半に雨が降って朝も少し残って、意外に涼しい! 京王線の高幡不動駅からモノレールに乗って多摩センター駅へ。初めて乗るモノレールに興奮! 車両の一番前に陣取って、眼下に広がる多摩の丘陵地帯を眺めながら多摩センターに着きました。駅で待ち合わせの時間より少し早く着いたので、周辺を見て回ることに。10数年前は近くに住んでいたこともあり、よくこの辺りには来ていたのですが、高いビルが建ち並びまったく様変わり!
 多摩中央公園の中にある旧富沢家、とても素晴らしい環境の中にありました。鬱蒼とした木々に囲まれ、振るような蝉時雨、家の前の涼しげな池、立派な古民家の旧富沢家でした。
 20~30人の人たちが畳の部屋に集まっていました。きょうのゆきえさんは着物スタイル、ちょうど部屋の空調機器が故障して、小さな扇風機とうちわ、にとてもすまなさそうに「ごめんなさい」を何度も繰り返していましたが、そんなことありません。部屋を抜けていく風はとても気持ちよくて、周りの木々が風に揺れて、ふってくるような蝉の鳴き声の中、「さるのこしかけ」と「茨海小学校」の朗読を聞きました。ゆきえさんが私たちの事を紹介してくれたので、10月の小淵沢での朗読会のポスターと風路とたん歩歩のパンフレットを配り、宣伝してきました。何人かの方が「是非行きたい」と言ってくれました。大成功!!
2007.08.24 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 いつも採っているお肉屋さんから「最近牛ヒレ肉の良いのが入荷しなくなっているので、しばらく扱えません」との連絡。うちのメインは牛ヒレ肉を使うことが多いので困った。別の業者さんのカタログを見て注文。その中に「イベリコ豚」があった。どの料理もそうですが、とくにこのお肉は火の通し具合が難しい・・・・らしい・・・・。とりあえずダッチオーブンでローストポークにしてみました。まず筋や脂を掃除、その脂がたっぷりとのっているのですが決してしつこくない!サラサラの脂です。これは、すごい!! きちんと火を通していながら、決してジューシーさを失わない焼き具合が難しい・・・・・。旨い!!!!! きょうのお客様はラッキーッ!
2007.08.21 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 明日から1年で一番忙しくなるお盆の周が始まります。その仕込みは大体終わりになってきました。桃、ジャガイモ、カボチャのポタージュ、中村農場の地鶏のローストチキン、イベリコ豚のローストポーク、牛ヒレ肉のミニステーキ・・・・・。あっ、近くの仲良しペンションの粟田さんの畑で作っている美味しい野菜立ちのピクルスも作りました。いつも遊んでばかりいる、と周りの人たちから言われ続けているので、このお盆の期間だけでもしっかり働こうと(???)思ってます。
2007.08.10 Fri l 未分類 l COM(3) TB(0) l top ▲
sun

 夏の恒例の新府の桃の買い出し、友人へ桃を送るために、韮崎の新府共選所へ出かけました。2~30人ほどの人が行列を作っていました。友人達へ桃の箱詰めを送る手続きと自分たち用に2箱買いました。その後、近くにあるお酒のディスカウントストアーへ行き、ワインとジュースを買いました。帰りに「明野のヒマワリを見ていきたい」という相棒の希望でヒマワリ畑へ向かいました。ヒマワリ畑の直ぐそばにあるミサワワイナリーはしばらく前にペンション仲間と一緒に見学に出かけたことがあったので、きょうもまた寄ってみました。広い茅が岳の裾野に広がるブドウ畑がみごとです。ヒマワリ畑は駐車料金300円を払って入ります。一区画、一区画ごとに時期をずらして花を咲かせるように育てているようでした。たくさんの観光客がやってきていました。東京方面から車で来る方には途中でここに寄ってから来ていただくといいな、と思いました。
2007.08.06 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
805ber.jpg

 風路から歩いて7~8分のところにある自動車雑貨のお店・BAUHAUS(バウハウス)。ミニカーなど自動車雑貨のお店と軽食のレストランが併設されています。ここのパスタがすんごく旨い! 暇なときはしょっちゅう通ってしまう。嬉しいのが土・日曜日にお店のシェフの陽子さんが作るケーキ。この日はサラダとパスタ、飲み物がセットのAコースのほかにケーキが付くBコースというのがあります。パスタと同じくらい旨い! マスターもかなりのグルメで、彼が選んでいる飲み物もなかなかのもの。ジンジャエール、クラマト(トマトジュース)、石垣島産パインジュースなどどれも一味も二味も違う!
 きょうは久しぶりにお休み(にしたんです。になったのではなく?)。いそいそとランチに出かけました。ずっとお客様が続いて忙しかったので、きょうはご褒美!と自分たちで勝手に決めて、飲み物をフランス産のビールにしました。これがまた夏の暑さの中ではぴったり! 私はズッキーニとソフトサラミの和風パスタ、相棒はオイルサーディンとズッキーニのトマトのパスタを頂き、ビールを1本追加して、帰りは良い心持ちでフラフラしながら歩いて帰ってきました。
2007.08.05 Sun l 八ケ岳食いしん坊クラブ l COM(0) TB(0) l top ▲
 P1070605.jpg

5日間、弱火でとろとろ煮詰めていたフォンドボーがやっと完成しました。最初は30リットルの大鍋に一杯だったのが、完成は3リットル弱にまでなりました。煮詰めている間中、厨房は焦げたようなフォンドボーの良い香りが立ちこめていました。これで夏から秋のソースの基はバッチリです。私の好きなのは、赤ワインとブランデーに粒マスタードを使ったマスタードのソースです。(その他フォンドボーを使ったソースは沢山あって、随分教わったのですがほとんど忘れてしまってます・・・あッ、そうそうオレンジを使った少し甘いソースも時々作ります。ローストポークなどに良く合います)。フォンドボーを仕込んでいる時は、他の仕事をしていも、いつもそれが気に掛かって落ち着きません。でも、これで一安心です。
2007.08.04 Sat l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
 4日間煮詰めていたフォンドボーを細かい漉し網で漉して、最後にもう一度沸騰させ、脂と灰汁をすくい取って完成! 5日間かけてようやく完成間近になりました。かなり前、最後に沸かして灰汁と脂をすくい取る段階で、焦がしてしまった痛恨事がありました。最後の最後まで気を抜くことなく完成させなくてはなりません!
2007.08.03 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 8月1日から1週間、この5年、小淵沢の馬術競技場で全日本のジュニアの馬術大会が開催されています。大会に出場する全国の倶楽部の選手たちがお客様で泊まりにきてくれます。毎年、選手の顔ぶれは変わりますが、責任者やコーチ達は同じ顔ぶれが多いので少しづつ顔なじみがふえていきます。だんだん、頑張ってね、の心の叫びが強くなっているのを感じながら・・・の1週間です。1週間続いての宿泊なので、夕・朝食のメニュー作りが少し悩ましい・・・・。1週間の内、一度は特製シーフードカレーを作ります。
 さあ! きょうはカレーの日です。風路のカレーは玉ネギをを飴色になるまで炒めて作るのがポイント、それにエビとホタテのソテーしたエビとホタテを乗せます。あとはグリーンサラダに朝取りのトウモロコシのコーンスープをつけましょう。それでは今から仕込みに入ります!
 ごはんもたくさん炊かなくては!
2007.08.02 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 8月に入って夏本番の日差しがまぶしい。今朝は相棒の姉さんが朝早く新府へ桃の買い出しに行ってくれました。風路の夏メニューの定番の桃のスープを作るために沢山の桃が必要になります。もちろん生食用にも使います。毎年、この桃をケースで買ってくると、帰ってくる車の中は桃の甘い良い匂いで一杯、風路の厨房に運びこんでスープ作りに入ると、部屋中が桃の香りに包まれます。毎年、この桃の出来栄えが気になる私たちです。今年は先月の末に最初の桃の買い出しに出かけましたが、時期がすこし早かったせいか、充分甘みがのっていないような感じをうけて少し心配だったのですが、きょう、買ってきた桃は「おおッ!この甘さ、この甘さ」と思わず微笑んでしまいました。
 暑くならないと桃も美味しくならない。
 やっぱり夏は暑くなくちゃ・・・
2007.08.01 Wed l 八ケ岳の食と酒 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。