上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 昨日の植物観察会は風路から正面に見える日向山でした。1年半前に同じ日向山へ登ったのが最後で、今回2年(ちかく)ぶりの登山です。車で登山口までいきました。途中の冬季ゲートは無くなっていて、急にダートの道になってすぐに矢立石の登山口に着きました。以前は狭い石ころだらけの林道が広いいくらか整地された道になっていて、その山側が車5~6台ほどの駐車スペースができていました。車を降りるや先生と5名の生徒は道ばたにしゃがんで早くも観察会講義が始まります。一行は登山道入り口からどんどん離れて下っていきます。「これでは、きょうは雁ヶ原に着けるだろうか・・・・」内心不安を募らせます。
 30分後、やっと登山口に集まりました。これからがまた大変! 一歩歩くごとに「先生、先生。○○○は何ですか」「これは○○○でしょうか」疑問、質問が雨嵐のように浴びせられます。その一つ一つに丁寧に答える先生。普段は20~30分足らずで登り着く尾根筋の道にでたのが1時間以上は経っていました。
観察会の顛末は後ほど報告することにして、問題は帰宅してからのこと。お風呂に入って出てきたら、なんと、右目が半分充血して真っ赤になっているではありませんか! 心配性の相棒は顔面蒼白! パソコンで近くの眼科を検索して、翌日直行しました。
 隣町の市街地の真ん中にある眼科で、眼科としてはかなり大きな医院でした。診察は「あっ! これは内出血ですね。目をこすったりするとよく起こるんです。3~4日すると薄れてきます。心配ありません。周りの人がびっくりして騒いだりしますが・・・・」(その通り!すでに相棒が十分騒ぎました!)
 この顛末にはおまけがあります。なんと、この眼科、ウナギ料理で評判のお店の隣にあったのです。しばらく前に「歩こう会」のメンバーを誘って「美味しいウォーキング」を企画したとき、このお店でウナギを食べてから近くを歩いたことがあったのです。
 もちろん、この日もいただきました。ごちそうさま!
スポンサーサイト
2007.09.28 Fri l 未分類 l COM(4) TB(0) l top ▲
 きょう、隣町の長坂町コミュニティーセンターで映画『日本の青空』の上映会があり、近くのペンションのご夫妻と一緒に見に行ってきました。映画は韓流スターのイ・ビョンホンの吹き替えでソノスジでは人気を博している高橋和也が憲法学者の鈴木安蔵を演じ、日本国憲法が日本の民間の憲法研究会の案を基に作られたことを描き、憲法がGHQの押し付けで自主憲法を制定しようとの今の政権の偽りを暴いています。
 戦後直後、今から60年前に太平洋戦争の反省から日本の行く末を模索した人々の熱意があったことに感銘をうけました。今、この熱意を忘れてはならないと思いました。
2007.09.11 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。