上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 4年ぶりに大阪に居る友人を訪ねました。これまでは、前日に京都のホテルに泊まって翌日訪ねていたのですが、数年前からそれまで茅野止まり・茅野発だった高速バスの関西方面域が甲府まで伸延され、小淵沢も停車するようになったので、それに乗って行きました。電話で予約が出来るのうえ、値段もかなり安いので、関西方面へ行くのにはとても便利と思いました。小淵沢を午前8時半頃出発、大阪に午後3時頃に着きました。
 大阪に到着して、友人に連絡をとったところ、午後6時ごろまでどこかで時間をつぶしていてくれ、とのこと。大阪駅周辺をブラブラしました。駅の直ぐ近くを探索していたところ、キラキラのネオンの建物が見えます。「ウメダ カゲツ」の看板! 吹いこまれるように劇場に入った2人です。吉本興業の若手が演じる寸劇が上演されていて、その後、何組かの芸人のコントや漫才が上演されていました。私が知っている芸人は「鉄拳」だけでしたが・・・・。1~2時間、それを観てから友人と合流、近くのビアホールでもう一人の友人が合流して、旧交を温めました。この日は友人宅に泊めてもらって、翌日は宝塚劇場へ観劇に行きました。宝塚の観劇も前回の大阪訪問以来なので4年ぶりです。出演者も様変わりしていて、ほとんど知らない人たちが舞台で踊り歌っていました。
スポンサーサイト
2008.01.31 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 今年も八ヶ岳南麓は雪が少ない。1~3月の楽しみのメインのスノーシューがピンチです。でも、ついにやって来ました。今朝はカーテンを開けると一面の銀世界が広がっています。空からは細かい粉雪がレースのカーテンのように降り続いています。みるみる15~20センチくらいは積もり始めています。これだけ降れば風路の家の周りでもスノーシューを楽しめそうです。2月3日の小淵沢ペンション振興会のポレポレクラブのスノーシューイベントは、きっと最高のコンディションになっていることでしょう。是非、新雪のフカフカの雪を楽しんで下さい!
2008.01.23 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 1月から近くの山菜料理店をしている留羽さんに誘われて民謡教室へ通うようになりました。まだ、2回目ですが、今回は尺八の練習です。「すうーー」という息をはく音は聞こえますが尺八はウンともスンともいってくれません。「音が出るようになるまで色々吹いてみて下さい」と先生。「尺八は音が出ないことには教えようがありませんから」とつれないお言葉。持つ角度を変えたり、唇の当てる位置を変えたり、息をはく唇の形状を変えたりすること数10分。「ピーッ、フォーッ」「オッ、音が出ましたね」「すごいわよ、風路さん。わたしなんか、音が出るまでに何日もかかったんだらか」「すごい、すごい」・・・・・。皆さん、優しく褒め上手な方ばかりです。風路の出し物がひょっとしてまた一つ増やせるかも・・・・・。
2008.01.23 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 1月19日、高校時代の友人が彼が入っている山歩きのグループの仲間と一緒にやって来てくれました。この日は風路の近く・棒道をグルッと歩きにいかれました。楽しい夕食の歓談の後はおきまりの○○○○タイム。私の友人は地元でコーラスグループに入っているので、聞かせる歌声です。でも、最後はコックがキラキラの衣装にカツラで踊りまくって幕となりました・・・・。
 翌日は富士見パノラマスキー場のゴンドラに乗って、入笠山へ案内しました。当初心配していた雪はこの数日少し降ってなんとかスノーシューを楽しめる状態になっていました。「えェーッ、こんなに登るの」の一部の声にもめげず、入笠山山頂からの360度のパノラマを観ては皆さん大満足! 下りはスノーシューの一番の楽しみの一つ、お尻滑りを堪能! 入笠山直下のマナスル山荘でお決まりの山菜ソバにキナコモチを食べれば、これ以上の満足感は味わえません。
 ガイド・ドライバーを引き受けてくれたTさんに感謝! 後ですんごいご馳走するからね!
2008.01.21 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
スノーシーズン到来! ここ数年毎年毎年暖冬で雪が少なく、スノーシューにはまり込んでいる私達は気がかりな毎日です。それでも今シーズンはまずまずの雪がやって来ました。本来なら雪が降ったならすぐに雪のフィールドに出かけていたのですが、今シーズンは八ヶ岳歩こう会の創立10周年を記念するイベント・甲州街道ウォークの旗振りをかってでたため、その運営に忙しくスノーシューに出かけられませんでした。
 でも2月3日、ポレポレクラブのスノーシューイベントの担当になっているので、そろそろちゃんとした下見にいかなくては。ということで、行ってまいりました。1月17日、清里サンメドウズスキー場です。雪があるかどうかが心配でしたが、それは杞憂でした。前日の夜にすこし降ったようで、凍った雪の上に5㎝ほど新雪が積もっていました。この5cmがうれしい。スキー場のリフトで一番上まで上がり、賽の河原から大門沢を下りました。スキー場の下までスノーシューを履いたままで降りてくることができました。もちろん、途中で尻滑りも楽しめました。
 もちろん、お昼を予定している「美しの森ファーム」の視察(試食)は済ませてきました。その報告は、当日の楽しみにとっておきましょう。
2008.01.21 Mon l スノーシュー l COM(0) TB(0) l top ▲
 去年の6月に開かれた八ヶ岳歩こう会の年次総会で、風路の付き人が提案した歩こう会結成10周年イベント「甲州街道踏破ウォーキング」が1月14日日本橋からスタートしました。前日、会の事務局長から電話がはいり、「明日は100人は超える人が集まりそうだ。準備したパンフレットや参加者名簿が足りないので、至急刷り増ししてください」。ガ、ガ、ガーーン!! 慌てて近くのコンビニへコピーに走りました。
 ちょっとした興奮状態に陥った風路の座長と付き人、「いったい明日は何人集まるんだろう・・・」、日本橋の元標の前では狭すぎて集まれないのでは・・・・。当日のリーダーのIさんには東京駅で迎えに来てもらうより、先に集合場所へ行ってもらうほうがいい・・・・。東京駅から日本橋までは道が分かる座長が引率する・・・・・などなどあたふたと決めてベッドに入りました。でもなかなか気持ちが高ぶって眠れません。とくに、一番の気がかりは「朝の寝坊」です。とりわけ、風路の付き人はめちゃくちゃ朝に弱い人。朝一番の特急あずさ午前6時52分小淵沢発に乗れるかどうか、これが一番の最大の関門です。
 でも、なんとか乗車。小淵沢駅で「多分、今回は参加者がたくさん来るはず。だから応援に駆けつけようと思って」と嬉しい言葉を掛けてくれたKさんと合流、途中甲府駅では準リーダー格のSさん、E夫妻と合流、東京駅から日本橋へ向かいました。日本橋には橋の袂に顔見知りの蓮田市歩こう会の皆さんはじめ100人を超える沢山の人々が集まってくれていました。
 簡単な今日のコースの紹介を今日のコースーリーダーのIさんから受け、「甲州街道踏破ウォーク」の概要を付き人が話しました。
 午前10時すぎ、スタートです。日本橋から大手町へ出て、平将門首塚の前を通ってお堀端を進みました。お堀端はきょうが成人の日の休日のためか多くのジョギング、マラソンランナーが走っていました。お堀端から皇居前広場には入り、二重橋前で小休止。八ヶ岳歩こう会のメンバーは二重橋前で記念写真を皆で撮ることに余念がありません。その他の人たちはひたすら休憩、水分補給、さすが!本物のウォーカーです!

2008.01.15 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 私達がリーダー役になってしまった八ヶ岳歩こう会の結成10周年記念イベントの甲州街道完全走破ウォークのスタートがいよいよ明後日に迫りました。今、その準備に追われている最中です。きょうは、明後日のウォークに集まってくれる参加者の皆さんにお配りするチラシの印刷、参加者名簿作りに必要なバインダー、参加費を入れておく小物入れなどを買い出しに近くのスーパーへ出かけました。買い物から帰ってくると近くにお住まいのYさんが訪ねてきてくれました。集まってくれたウォーク参加者が書き込む名簿を作ってきてくれたのです。電話やブログへの書き込みなど、歩こう会メンバーが多数参加してくれています。
 熱いメンバーの反響の大きさに、「これは大成功間違いなし!」と確信を深めています。
 また、『歩け新聞』へ投稿したので、それへの反響もかつてないほど! うーーん! ますます大大大成功間違いなし!! 皆さん! 頑張りましょう!!
2008.01.12 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 2008年の幕が明けました。今年もよろしく! 八ヶ岳界隈のとっておきのスポットや美味しいをつづっていきたいと思います。年が明けて、まず出かけたのが、小淵沢の韓国料理のお店「釜山港」と諏訪のラーメン店「赤兎」です。「釜山港」は初めて行ったときに食べた「チヂミ」のモチモチした食感にはまってしまい、しばらく行かないと「食べたくてたまらなくな」ってしまう・・・・。「赤兎」のラーメンも同じ! 一口食べると「うん、うん、うん」と納得してしまう味なのです。「釜山港」はチヂミの他にも、石焼きビビンバ、骨付きカルビ・・・・・・どのメニューもとびきりの味です。ただ、お店のオモニの指示に従って食べること! かってに食べようとすると「だめッ! だめッ!」とチェックが入ります。石焼きビビンバはしっかりと具とご飯をよーく丼に押し付けながらかき混ぜること、骨付きカルビはキチンと火が通ってからハサミで切り分け食べること・・・・・等々。オモニの教え通りに食べると、これがすんごく美味くなるから不思議!! 是非一度お試しあれッ!!
2008.01.08 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 毎年正月2、3日、朝はまるで弱い付き人が朝から目をランランと輝かせます。東京箱根間往復大学駅伝を観戦するためです。往路では早稲田大学が優勝、でも付き人は目を赤くして順天堂大の往路ゴール直前での選手の故障によるリタイアを見ていました。
 「あらッ、この選手、なかなか男前じゃない!」と、3日の復路は7区の東海大の佐藤君に目を釘付けにされています。コマーシャルの間に部屋の片づけや洗濯物の取り込みなど急いでやっているのですが、やはりレースの展開が気になるのか、仕事の方は遅々として進まない・・・・・。座長の実家は藤沢で、駅伝のコースの直ぐ脇にあります。以前にコースに出て応援したことがあり、テレビ中継を見ているとその付近の画面が出てくると「あッ! あれは○○橋のところじゃない?」と、駅伝のレースとは別のところで騒いでいます・・・・・・・。さて、今年はどの大学が優勝するのでしょうか。
2008.01.03 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。