上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「東京の友人からテレビに出ていたね」と連絡を受けました。NTV系で放映された「遠くへ行きたい」という番組です。実は数週間前、歩こう会の事務局長のTさんから「テッシーと一緒に歩かないか」とのお誘いがありました。勅使河原郁恵さん=テッシーは日本のショートトラックのオリンピック代表、1年くらい前にNHKの番組で「甲州街道を歩く」に出演。それをよく見ていた私達はその気取らない明るい雰囲気に大ファンになっていました。そのテッシーが山梨県の各地を歩き、最後に八ヶ岳でスノーシューをするので「枯れ木も山の賑わい」として白羽の矢がたったというわけ。美しの森周辺を1~2時間ほどスノーシューで歩き、雪上ランチを頂く、というもの。テレビの取材なので少し緊張しながらも、かなり楽しんでしまいました。このテレビ番組、こちらでは少し後になってから放映されるらしい・・・・。見たいような見たくないような・・・・・複雑な気持ちです。
スポンサーサイト
2008.03.30 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日、テレビ取材に協力した話しを書きましたが、それが放映されました。思ったより長い時間映っていたので、多くの知り合いの方から「テレビに出ていましたね」と言われてしまいました。でも、これからは「ほんのちょっとだけ」と言って、かなりの時間、あっちこっち歩かされるのは遠慮したい・・・・・。そこんとこよろしくねッ、歩こう会事務局長さんッ!
2008.03.19 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
きょうは快晴! ダイニングから真っ白に輝く甲斐駒ヶ岳が呼んでいます。きのうお泊まりのお客様は乗馬大会の応援のため朝食を食べずに朝早く出かけました。ダイニングの外を眺めると山が呼んでいるではありませんか。先日、開拓した清里・美しの森周遊のスノーシューコースこそ、こんな日にぴったり! 午後2時からは小淵沢道の駅隣の会場でチェロコンサートがあるので、それまでには帰ってこなくてはなりません。このコースは家から出発して帰ってくるまで2~3時間あれば充分。よしッ、行くぞ! 車にスノーシュー道具一式を詰め込んで出発。清里サンメドゥズスキー場下の森の入り口まで30分、スノーシューを履いて森の中へ入ります。正面に白く輝く南アルプス、富士山。その手前に茅ヶ岳、更に左手には金峰山をはじめとした奥秩父の峰々、右手から背後には権現岳、赤岳、横岳などの八ヶ岳の主立った峰々が真っ青な空に白く光っています。雪は随分溶けていてザクザクでしたが、まだなんとかスノーシューを楽しめました。美しの森展望台を周遊して50分ほどでスタート地点に戻ってきました。 お風呂に入って、簡単な昼食を作り食べて、すこし気取った?服に着替えてチェロコンサートの会場に向かいました。演奏は祈りのチェリストと言われるチェコのヴラダン・コチさん。「NPO法人ファミリーハウス」の活動を支援するためのチャリティーコンサートで去年も同じ会場で開かれ、とても感動したのです。コチさんのチェロの音色は時に激しく時に静かにむせび泣くように響いてきました。素晴らしいッ の一言でした。
 午前中は山と森に抱かれ、昼は染み通るチェロの音色に心揺られ、うーーん! 小淵沢ライフ! なかなかいいぞッ!
2008.03.15 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
甲州街道ウォーク5回目は相模湖から上野原。4回目に引き続いて私達が担当を務めるので、下見に行ってきました。相模湖駅からスタート。おっと、その前に4回目のゴールの後の重大任務の場所探し、場所探し!! 駅近くの○○○○を物色。どんなところでもOK。生○ー○さえ飲めれば・・・・。
駅前から国道20号・甲州街道に出て、しばらく国道沿いを歩きます。ビュンビュン車の通る道はちょっと歩くには気が重い。すぐに脇道に入ります。しばらく行くと、中央自動車道の下にある「日本一まずいラーメン屋」に出ました。ここは以前から気になっていたお店です。「日本一まずい、ってそんなことはないだろう。でも入ってみてほんとにまずかったら気持ちを整理しようがないなあ・・・」と思って躊躇していたのです。でも今は火事にあったのか、お店は半分消失していてやっていませんでした。その脇を山の方へ入っていきます。そのすぐ先に左手の沢を渡っていく甲州古道の標識があったのですが、それを見落としたためどんどん奥へ入っていき、途中から山道になってしまいました。かなり、山の中へ登っていったところで道が藪の中に消えていたので、やむなく引き返しました。約1時間半回り道(?)をしてしまいました。もと来た道を戻って行くと、かの「ラーメン屋」の近くに「甲州古道」の標識を発見! 「あッ! ここだッ!」 脇の沢に降りて行く道に入り、沢に架かった橋を渡り国道20号に平行して続いていた甲州古道を進みました。中央自動車道の上に架かっている橋を越えて国道20号に出れば、後少しでJR中央線の藤野駅。しっかり登山!(道を間違えて余計な回り道をしてしまったのですが・・・・・)でお腹はペコペコです。藤野駅前のどこかのお店でお昼、という当初の計画はどこかへ。もう目に付いたお店に飛び込もう! このことに頭がいっぱいの2人。目に入った国道沿いの中華料理店「福龍」に飛び込みました。「餃子、ラーメン、焼きそばッ!」「あぁぁ! それとビール!」
 第5回目の下見は、この瞬間に藤野までで中断、と相成りました。
 さあ、藤野から上野原までの残りのコースの下見に行かなくちゃ・・・・・・。ジャンジャン。
2008.03.13 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
きのうの山梨県のテレビ・UTYの番組「ウッティーの木曜日」に出演(?)しました。この日は「七賢」で知られる造り酒屋・山梨銘醸が新酒ができる2月に毎年行っている「蔵開き」に出かけ、試飲を楽しもうというウォーキングの企画を立てて参加していました。その最中に「『狐っぴウォーク』の取材があるので、時間のある人は午後3時に長坂駅に集まってもらえないか」との連絡。「ほんのちょっとのウォーキングを撮るらしい」といったニュアンスで受け取った私達は軽い野次馬根性で長坂駅に行きました。ほんの数分のカット、と思っていたら・・・・・・。長坂駅から町添の信号、建岡神社、さらに清光寺の裏藪から境内へ、さらに長坂の牛池へ・・・・・、歩くこと歩くこと。途中で何度も撮影のために行ったり来たり・・・・。最後の牛池に着いたときには段々辺りも暮れなずんできて、風も出てきて寒くなってきた。
2回目は東京のNTVの取材。「テッシーと一緒にスノーシューしませんか」のお誘い。雪上ランチをしようと思うので、チーズフォンデュの用意をして来て下さい」と言われ、事前に2回も家で予行演習をして臨みました。コースは旧高根荘から美しの森林道に降りて、林道途中から展望台へ林の中を登っていき、展望台で雪上ランチというものでした。ランチはテッシーと取材クルーが持ってきた温泉湯豆腐になり、チーズフォンデュは取りやめに・・・・。でも、最後にテッシーのサインを「歩こう会ジャンバー」にしてもらって、満足!満足!
2008.03.08 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 「今シーズン最後のスノーシュー?」と思って、八ヶ岳歩こう会の入笠山スノーシュー企画に参加しました。去年は雪が少なく、入笠山の山頂はカリカリの凍った雪で立っているのも大変な状態だったのですが、今年はたっぷりと雪があって最高のスノーシューの環境でした。入笠湿原へ行く道も今年はたっぷりの雪、林の中を自分だけのトレースを付けて歩くことができました。入笠山への最後の登りは振り返ると八ヶ岳がクッキリと聳えているのが眺められます。
 山頂は普段は強風が吹いていて長くは留まれないのですが、なんとこの日は風もなくゆっくりと眺望を堪能できました。山頂から少し下ったところで簡単なランチ。
 今回のスノーシューの最大の出来事は下りに選んだコースでした。いつもの登山道を外れて、入笠山の北側に広がる牧場へ続く林の斜面を下りました。雪がなければ笹とブッシュで入ることができませんが、今は一面の雪原、ズミやカラマツ、コメツガなど林の雪原をバージンスノーを踏んで歓声を上げながら下りました。林を抜け牧草地に出ると、見事なダケガンバの大きな木の前で皆そろって記念撮影をしました。
 いやーーッ! 入笠山は奥が深いッ! 新たな魅力に取り憑かれそうです!
 もちろん、お決まりのマナスル山荘のキナコ餅はいただきました。お腹も胸もゴチソウサマ! この雪の状態では、今シーズンはまだもう2~3回はスノーシューが楽しめる!・・・・・・かな。
2008.03.05 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。