上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 先日、相棒に誘われて新宿駅のすぐ近くで催された「9条は守りたいのに口べたなあなたへ」という劇を観にいきました。根岸季衣さん演じる普通の主婦がパッチワーク教室で憲法論議を始めます。そこで、「北朝鮮が攻めてきたらどうする?」「みんな、家には戸締りをするでしょう。強盗や泥棒に入られたらどうしますか。戸締りや強盗から身を守るのが軍隊じゃないんですか」・・・・・。次々に起こってくる反論にへこまされたり、それに反論したり・・・・右往左往していきます。最後は根岸さんが客席に背を向け舞台の後に並んだ群衆に向かって語りかけます。そして、並んだ人たちと一緒になって「9条の大切さを全員で叫んでお芝居は幕になりました。立派な会場はほぼ満席で、皆立ち上がって割れるような拍手を送りました。「そう、そう!」おおいに頷くことしきり! この芝居の脚本を書いた永井愛さんがとてもよく勉強されている熱意が伝わってきてとても感動しました。
スポンサーサイト
2008.08.26 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。