上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 9月15日、7、8月の2ヶ月お休みした甲州街道ウォーク第7回・鳥沢~笹子を歩いてきました。夏休みの2ヶ月間のお休みで、忘れていることも多いのでは・・・・とちょっと心配もありましたが、力強い「八ヶ岳歩こう会」の仲間ともう顔なじみになった毎回参加してくれる蓮田の歩こう会のメンバーや他協会のメンバーが元気な顔を見せてくれ心強いかぎり! 今回は次回の笹子峠越えが甲州街道一番の難所なので、その間のウォークの距離を出来るだけ短くしたい、との担当者の要望もあって、当初の予定のゴールよりひとつ先の笹子まで歩くことにしたので、全コース約20キロ強と少し長い距離になりました。でも、ゴールの笹子宿は笹一酒造! かなり立派なビジター用の施設があって、笹一酒造のお酒ばかりでなく、ビールやワインなどよりどりみどり、一部のウォーカーには堪えられないゴールとなりました。そうそう、途中に寄った「日本3大奇矯」の一つ・猿橋の奇観にも大満足でした。
スポンサーサイト
2008.09.16 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 毎年夏休みの終わりに「従業員慰安旅行」と称して、小旅行へ出かけます。ここ数年、相棒の従兄弟達が合流して、「いとこ会」の集まりを開くようになりました。今年は福島県の岳温泉です。安達太良山直下のスキー場のすぐ下の温泉旅館が会場。相棒がいち早く、「スキー場のリフトが展望リフトで動いているから、それを使えば安達太良山へ楽に行けそうよ」と例によって甘い見通しの計画を提案。1日前に会場の旅館に入って、当日は登山の後、「いとこ会」参加という計画です。
 当日は曇り、ポツポツと雨が降ってくるという天気。昼頃から回復してくるという予報なので、出かけることにしました。スキー場のゴンドラリフトの乗り場では数人の登山者と一緒になりました。ゴンドラリフトを降りると、登山道はなんと立派な「木道」になっていて、それがかなりの所まで続き、その先はジャリと敷石の登山道になっていました。登山口に「ヤンゴトナキカタ」の登山記念の碑が立っていたので、そのために登山道が「整備」されたのではないか・・・・・とかってに想像。せっかくの自然の中の山道は手を入れすぎるのは×××××!! リフトの山頂駅からの歩き出しはツガやナナカマドなどの樹林の中の道で、たくさんのシャクナゲがありました。花の時期は見事だろうと思いました。しばらくは平坦な道が続きましたが、だんだん登りがきつくなってきて振り返るとガスの中に鬱蒼とした樹林の海が広がっています。2時間ほど樹林の中の登りを歩くと前方にやっと安達太良山山頂に連なる尾根の稜線が望めるようになりました。稜線に続く登りがかなりの急登、でもハイマツや背の低いダケカンバ、シャクナゲなどの木々の海が広がっていて、晴れていれば展望の利く尾根道で気持ちよい道だろうな・・・・と思いました。このあたりの登山道の両側には可憐なリンドウの花がいっぱい咲いていて登ってきた疲れを癒してくれました。稜線に出るとすぐに安達太良山山頂の標識が立つ広い砂地に出ました。そのすぐ上に安達太良山の特徴のお椀型の岩がそそり立っていています。ザックを下に置いて鎖とロープを助けによじ登りました。
2008.09.08 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。