上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
風路のお客様のO夫妻と一緒に愛知県と岐阜県の県境の山奥で「1日1組のお客様しか獲らないてんぷら屋さん」をしている山ハゲさんの所へ泊まりがけで行ってきました。「お昼にお客様がいるから、午後3時すぎに来て下さい」と言われていたので、「山ハゲ」へ入っていく道を通り過ぎて、その先にあった「和紙の里」を見学してから向かうことにしました。3時前に山ハゲに到着。庭先に山ハゲさんが出ていて待っていてくれました。広い庭、周りの森、庭の隅に流れる小川を眺めながらひとしきりおしゃべり・・・。家の中に入ると上品な猫達が出迎えてくれます。足がスーッと長く歩く姿がとても優雅な猫たちです。山ハゲさんは夕食の準備に厨房に入っています。私たちはお茶をしながらのんびり雑談タイム。部屋から眺める庭も素敵です。庭の先に山から流れてくる小川があって、その向こうは鬱蒼とした森です。夕闇が迫ってくるころ、準備できた夕食が運ばれてきました。せりのサラダ、ヒラメのお刺身、ローストビーフ、つくしの玉子とじなどなど、たくさん出てきましたが覚え切れませんでした。美味いお酒とワイン、ビールのメートルが上がったことは言うまでもありません。食後はヤマハゲさんのギター演奏、伴奏でおおいに歌いました。O夫妻の旦那さんは大の井上陽水ファンで、なかなか聴くことができない曲も色々披露してくれました。山ハゲ夫妻は山ハゲさんのギター伴奏で奥様の妙子さんがアベマリアを、お二人のハーモニーが最高に素晴らしく、聞き惚れてしまいました。寝袋持参の私たちは早めに就寝、翌朝も色々な野菜のおひたし、魚の一夜干し、等々美味しく頂きました。ゴチソウサマでした。帰りは諏訪のラーメン屋さん「赤兎」によって極上のラーメンを頂いて帰ってきました。
スポンサーサイト
2010.03.22 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
八ヶ岳歩こう会の3月末の例会で高尾山が決まりました。担当のWさん、Tさんに「高尾は地元だったんでしょ。下見に付き合ってよ」と言われ出かけました。最近、高尾山はミシュランで「★★★」の指定を受け、ドッと観光客が来ているらしい・・・・。私たちがよくお弁当を持って行った頃の趣は大きく変わっているらしい・・・・興味津々。JR中央線・高尾駅から歩いてR20号を20分ほど行くと京王線の高尾山口駅に着き、そこからおみやげ物や山が並ぶ参道をちょっと登ると山頂へ向かうケーブルカーとリフトの駅があります。その脇に山頂へ向かう「びわ滝コース」「稲荷山コース」「1号路」の入り口がありました。この日は「びわ滝コース」が途中登山道の崩壊個所があり、通行止めになっていたので、その手前にある「稲荷山コース」入り口に入りました。入り口からすこし急な登りです。グングン高度を稼いで登っていくと、木々の間から回りの山々や森が見渡せるようになってきます。途中、高尾山の真ん中をくり抜いて作られた八王子ジャンクションが眼下に現れました。高尾山をくり抜いた圏央道は関越自動車道まで開通していて、すでに多くの車が走っていました。そこから南側へ更に道路の延伸工事が行われていて、新しく大きなトンネルが掘られていました。「あれぇーー? こんなに長くて急な道だったッけ」 もう10?年も前のことです。すっかり忘れています。歩き始めてから2時間弱、ようやく山頂に着きました。山頂には沢山の観光客がいました。ほとんどの人たちはケーブルカーかリフトで上がってきた人たちでしたが・・・・。山頂の茶店で○ー○と「おでん」を買って、麓で買ってきたお弁当を食べました。
2010.03.16 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 ピンポン(ッおっと、現在家のドアホンは故障中・・・ドアを開けて「オーイッ」と呼ぶ声が。出て行ってみるとお隣のペンションJ&Jさん。「きょう、家の前の雪をブルで掻いてもらうんだけど、ついでにお宅もやってあげるように頼んでおこうか」と言ってくれました。「お願いしまッす」。お昼過ぎになって、近くの土建屋さんがやって来ました。大型のブルが家の前に停まっています。「雪を掻くので車を動かしてほしいんだけど」と言われ、急いで車を移動。ゴ、ゴ、ゴッ、ゴオーッとあっという間に駐車場に積もっいた雪が隣の空き地にうずたかく退けられ、久しぶりに玄関前のジャリと土が顔を出しました。人力では2日がかりの除雪作業があっという間に済みました。「ありがとうございましたッ」
2010.03.12 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
2~3日前は春を通り越して初夏の陽気がやって来ていたのに、昨日から一転、1日中、雪が舞ってきました。今朝は起きてみると一面銀世界。20㎝ほどは積もっているでしょうか。玄関のドアから車と道路まで通り道を造らなくてはなりません。朝一番、力仕事ッ! 大汗をかいて、なんとか玄関から道路まで雪をかいて通路を作りました。次は雪に埋まった車を掘り出し、買い物に出かけられるようにしなくては・・・・・。これは朝ご飯を食べて力をつけてから再び挑戦ッ!なんとか、車を動かしました。この時期は温かい人寒い日が交代でやって来るので油断できません。でも、この雪で今シーズンのスノーシューはもう少しできるようになったかな・・・・・。
2010.03.10 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
清里のサンメドウズスキー場で行われたカービングスキー無料講習会に出かけました。2月に2回参加して、今回は3度目です。これまでは初級者クラスの講習を受けましたが、今回は一番上のゲレンデから滑ってみたくなり、上級クラスに参加。このクラスにはしばらく前はゲレンデでかなりブイブイ言わせていただろう面々が参加していました。皆さん、講習の先生の指示を待たずにどんどんすべり出していきます。私たちは前回同様、「あれッ!? 体の向きが逆だ? あれッ? あれッ??」と頭の中がグチャグチャ状態で、結果、思いっきり転びまくりました。次の日、朝起きてみると、「あれッ! 痛ててててッ! 体中変なところが痛いッ! 普段使ったことがないところが痛いッ!」 これではカービングスキーの上達は夢のまた夢だなあ・・・・・・と少々弱気な私です。
2010.03.04 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
近所の友達に協力に誘われて小淵沢の民謡教室に通い始めてから3年。始めは教室で皆で歌を習い歌うだけかと思っていたら、「年に3回ほどある民謡の発表会、2~3月に北杜市の発表会があり、そこに出て歌うために皆練習している会」だということがわかりました。始めの年は訳もわからず、入会してひと月で、まともな民謡など全く知らないにも関わらず出演。見事に音程を外してしまい、とても恥ずかしい思いをしました。2年目は別のスケジュールがあって民謡発表会は欠席。今年はその3回目の発表会。出演してきました。最初は教室の仲間全員で、「津軽甚句」「俵積み歌」を合唱しました。その後が一人一人の独唱です。私は「ドンパン節」を歌いました。仲間の皆が部隊の後ろで「ドンドンパンパン ドンパンパン」と間の手を入れて応援してくれたので、なんとか歌うことができました。普段の練習では、両手を突き上げて踊りながら謡ったりしているのですが、この日の本番では緊張して直立不動で歌ったので「風路さん、きょうはおとなしかったネ。もっと賑やかにすれば良かったのに」と言われてしまい、大反省! 次はコブシの利いた民謡に挑戦してみたいなッ!
2010.03.02 Tue l 趣味 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。