上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
風路のお客様で愛知県と岐阜県の県境の山の中で「山ハゲ」という天ぷら屋さんをやっているYさんのところへいきました。中央道・瑞浪インターで下りて山の中を豊田市方面へ向かいます。今回は小淵沢でレンタカーを借りて行ったのでカーナビの指示に従って走ります。これまで行った道ではなく、どんどん山の中へ入っていきます。道路は両側の木々が覆いかぶさる狭い道、「あれッ、このまま行くと行き止まり!? じゃないかな・・・」と思わせるような道です。「もうしばらく行ってみよう」と車を走らせると見覚えのある民家と道に出ました。「あッ、この道。『山ハゲ』さんのところへ行く道だ」。なんとか、無事に辿り着きました。庭の車を停め、外に出ると、庭の芝生が全部掘り起こされています。「これ、イノシシにやられました」と山ハゲさん。以前にも「夜は庭にイノシシがたくさん、出没します」という話を聞いたことを思い出しました。しばらく歓談・・・・。夕食の準備を全員でします。大きなテーブルに大皿のヒラメの活き作り、イワシの生姜煮、馬刺し、つなぎに豆腐を使った肉団子のお鍋が並びます。お魚料理が並ぶと、3匹の「山ハゲ」さんの家ネコたちが盛んに「私たちにも食わせろッ!」とばかりにテーブルに集まってきます。料理の切れ端を猫たちに与えては、テーブルに料理を並べていきます。料理が揃ったところで「乾杯ァーーイ!」。パクパク、ムシャムシャ、ワイワイ、ガヤガヤ・・・・・。ひとしきり食べて飲んで、お腹が満ち足りた後、エンターテイメントタイム。山ハゲさんのギターに合わせて皆で歌います。最近山ハゲさんが出した2つめのCDの歌を披露。ヤンヤ、ヤンヤ。しばらくして、近所の山ハゲさんのギター仲間の女性がやってきました。山ハゲさんと2人でギターの合奏、ギター伴奏でカラオケタイム。私は別室で、最近浅草へ行って買い求めてきた「股旅」グッズを着て、再登場です。その出で立ちは、三度笠、股旅もののカツラ、道中合羽、手甲脚絆、腰に長ドスです。「かぁーーッぱ からげぇてぇーーー 三度笠ぁーー」と『雪の渡り鳥』を歌いました。それからは次々に、ギターの伴奏をお願いして、夜多くまで皆で歌いまくりました。
スポンサーサイト
2013.02.25 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 今シーズンは雪が多いッ! と思ってたら、またまた雪が積もってます。朝、起きたら窓の外が明るいッ! きのう「今夜から大雪になる」という天気予報を聞いたような・・・・。10㎝くらいの積雪ですが、それでも外は一面の銀世界です。初めは細かい粉雪。時間とともにだんだん強くなってきて、レースのカーテンのように降り積もるようになってきています。時間がたつと粉雪がだんだん湿気を多く含んだぼたん雪に変わってきています。周りの木々も真っ白に雪化粧、とても綺麗です。・・・・雪掻き!やらなくちゃなぁ・・・・。
2013.02.06 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
 冬になると、ここ数年、雪がやってくるのが待ち遠しくて、雪が降ると近くのスキー場のリフトやゴンドラに乗って雪の積もった山や森を歩きまわるのが冬の一番の楽しみでした。ところが今年は12月から1月といろいろスケジュールが立て込んで1月も終わろうかというころになって、「あれッ! そういえば今シーズンはまだスノーシューやってなかったな」と気が付き、慌ててスノーシューを倉庫から引っ張り出して出かけました。目指すは信玄棒道。戦国の武将・武田信玄が信濃攻めのために造ったといわれる棒道です。この信玄棒道の中間地点にある「火の見櫓」跡に出かけ、ゴルフ場のフェンス沿いに続く棒道を歩きました。「去年のスノーシュー始めは八甲田山だったね」と去年の事を思い出しながら歩きました。ここ3~4年、棒道もスノーシューを楽しめるほど雪がありませんでしたが、今年はかなりの雪があって、久しぶりのスノーシューイングを満喫できました。
 今シーズン最初のスノーシューに味をしめた私たち、その1週間後、今度は清里のサンメドゥズスキー場のリフトに乗って、山頂まで行き、その奥、眞教寺尾根の賽の河原から大門沢へ下り、沢沿いをスキー場のセンターハウスまでいくルートを歩くことにしました。やはり、ここも雪がたっぷり。賽ノ河原はここ数年、所々砂地が見えるほどの雪だったのが今回は標識も微かに頭を出して見える位に雪が積もっていました。下山ルートもここ数年はそれほど雪が積もっていなかったため、登山道の夏道も積もった雪の上から分かったのでその道を辿って下っていけばよかったのですが、今回ははるかに多い雪に隠されてルートが良く分かりません。木々につけられた赤いリボンをたよりに下って行きました。でも、ルートを外すと下草の笹原の上に積もった雪の下が空洞になっているところがあり、ズボッと雪の洞にはまり込んでしまいます。スノーシューを履いているので雪に嵌ると抜け出すのが一苦労です。この下山ルートで2度ほど雪に嵌って抜け出すのに大汗を掻かされました。今シーズンの雪はすごく多いッ!
2013.02.03 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。