FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
小淵沢に来る前はスキーにはまっていた2人。雪がやって来る季節になると毎週のようにスキー場に出かけていました。近くにスキー場がある小淵沢に移ってきてから、はじめのころはペンションの仲間と一緒に何度か近くのスキー場へ行ったことがありましたが、最初の2~3年、近くの仲間からクロスカントリースキーの手ほどきを受け、すっかりその虜になってしまい、その後はペンション仲間がスノーシューを買ってきて、雪の山や森の中を歩くことの魅力にすっかりはまってしまい、ゲレンデのスキーはまったくご無沙汰となっていました。その間に、スキーは「カービングスキー」の世界に変わっていました。板の長さが自分の身長よりも短くエッジのカーブも強いスキーで、操作もかなり簡単、という情報を耳にしていて、一度そのスキーを履いてみたいと思っていました。
 清里のサンメドウズスキー場で「しばらくスキーをやっていなかった人を対象に無料のカービングスキーレッスン=『中高年のためのスキー体験会』」があることを聞き、「一緒に行ってみない」の誘いに飛びつきました。スキー場のセンターハウスに行くと、顔見知りの方々が沢山にて、「もう、何年、十何年ぶりかしら」「この年になって初めてスキーをします」という声が飛び交っていました。インストラクターの方から簡単な説明があり、その後、スキーとブーツなどのレンタル申込用紙を記入して、それを装着しました。ゲレンデへ出て、きょうの先生についてリフトに乗りました。ゲレンデの一番上で先生がカービングスキーの特徴、乗り方を実演してくれました。以前のスキー板に比べて、とても扱いやすいことがすぐに分かりました。進行方向に向かって体をむけるとスキー板がそれに従って曲がってくれます。4回ほどリフトで登って滑り降りる練習を繰り返し、最後にもう一つ上のリフトに乗ってひとつ上のゲレンデへ行きました。このゲレンデは最初の所がかなり急斜面で緊張しました。ちょうど、ガスが出てきてほとんど回りが見えなくなって、なおさら滑りづらくなって苦労しました。中程からは緩斜面になって楽になりました。後は広い緩やかな下りを滑ってスキー場のセンターハウスに着き、皆と合流、お昼を頂きました。カービングスキー初体験は上々の一日でした。一緒に行った仲間は「午後も一滑りしていく」と言って、雪の中へ飛び出していきましたが、私たちはすっかり疲れてしまい、そのまま車で戻ってきました。相棒は、10何年ぶりのゲレンデスキーが大いに気に入ってしまったようで、帰りの際にセンターハウスで翌日のレッスンの申し込んだみたいです!? えッ! それって私も明日も滑るッてこと!? ひえッ!
スポンサーサイト
2010.02.02 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://furoso.blog109.fc2.com/tb.php/218-937c12ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。