上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 連休後、風路の黄金の2日間を乗り切りました。5月10日がブラダン・コチ、ヤナ夫妻と森田基子さんのチェロ・ピアノコンサート、11日はおつきゆきえさんの朗読会でした。コチさんのコンサートは終了後スタッフの方の別荘に集まって「打ち上げ」。風路組はお客様と一緒にこれに割り込ませていただき、そこで「風路の夕食」という作戦です。全員で20名近くの方々が各々の朗を労い、祝杯を上げました。私は狭いキッチンでサラダとお肉料理を担当しました。お肉は神戸牛のヒレ肉で最上級のお肉です。「こんなお肉は火の通し加減が難しいぞッ しかも初めてのキッチンだし・・」と内心ちょっと緊張しました。しかも、コチさんは「しっかり焼いたお肉が好み」と難しい・・・。コチさん用に一切れだけは別に焼くことにして調理しました。ウウウーーマァァァーーーイッ! 皆さん、大満足して頂きました。「味見と称して、自分だけツマミ食いは絶対にダメヨッ」と和子に厳しく言われていたので、ひたすら調理に専念していた私。風路組はビールにワイン、美味しいお肉に大満足! 素晴らしい演奏会の余韻に浸りながら、とっても素敵な打ち上げのパーティーでした。
 翌日はおつきゆきえさんの朗読会。前日の演奏会、打ち上げ会の余韻に浸っている間もなく朝食を準備してお客様と一緒にいただき、会場設営、ゆきえさんを駅まで迎えに行き、朗読会に来ていただいたお客様の接待、開会の挨拶・・・・・。ふうーッ! いつも胸にしみわたるゆきえさんの「絵本の会」に浸って、終了後は近くのバウハウスさんでお昼を食べて、すぐその足で、次の会場の「たん歩歩」さんにゆきえさんを送りました。午後はたん歩歩さんで宮沢賢治さんの朗読会。会場のたん歩歩さんのダイニングの窓から新緑の木々が風に揺れる中、ゆきえさんの透き通った声が流れていきます。会場のたん歩歩さんは「ゆきえさんが宮沢賢治朗読をするのにぴったりの、この朗読をするためにある」といっていいくらいの空間と思いました。
 と言うわけでほんとうに充実の2日間でした。
スポンサーサイト
2014.05.12 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://furoso.blog109.fc2.com/tb.php/354-8e8b8c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。